年収別シュミレーレーション

年収500万円のZahha運用術

年収500万円の内訳と資産状況

手取り額:395万円(年間)    給料:33万円(月収)

所得税:21万円(累進課税制度) 住民税:31.5万円

平均貯蓄額;1001万円(通貨性預貯金、 定期性預貯金)

平均消費支出;27万円       収支;6万円

※算出に利用した統計情報はこちら

参考)<用途分類>1世帯当たり1か月間の収入と支出_年間収入階級別

<貯蓄・負債>貯蓄及び負債の1世帯当たり現在高_貯蓄・純貯蓄・負債現在高階級,年間収入階級別(年間収入350万円~600万円)

動かしてはいけないお金

重要なのは、キャッシュフロー(現金収支)とアセット(預金残高)です。現状を踏まえて、近い将来への期待と折り合いをつけてゆきます。そのあたりは、お近くのファイナンシャルプランナーに相談に乗ってもらいながら設計するといいでしょう。ここではザックリお伝えします。

まず、アセットの考え方ですが私はキャッシュ(現金)を重要視しています。キャッシュを中心にした考え方で設計します。具体的には、キャッシュで最低限、保有すべき金額は毎月の支出の3~6ヶ月分です。ここでは、81万~162万円です。理想的なのは、給料の3~6ヶ月分ですから、99万円~198万円となります。

なので、ザックリ計算になりますがおおよそ200万円は現金預金として、何かトラブルなどあった場合に備えていつでも動かせるように準備しておく必要があります。

投資していいお金

最低限の預金を残しておけば、残りは資産運用に回すべきでしょう。あまり聞いたことがない人も多いかもしれませんがポートフォリオ理論というのがあって、リスク分散をすれば平均以上の収益効率が期待ででるというものです。難しい話はここではしませんが、私の場合は、貯蓄額の2割を現金預金、6割を不動産など価格変動の少なく収益がまずまず期待できるもの、残りの2割をリスク資産へと分配しています。

今回のケースでいうと、200万は預貯金、600万は例えば不動産の頭金など数年間に必要な諸経費の予算、残りの200万円で株や為替、暗号通貨などに配分できます。

実際の投資

大きな枠組みは出来たのですが、あくまでこれは予算組みです。いますぐ使い切らないといけないという訳ではなく自分の切り札(カード)だということ。お金が無ければ、投資はすることができません。実際には収益の高く再現性の高い投資は決して多くはありません。慎重に検討して目利きをする必要があります。一度で全部の予算を投資することほど馬鹿げた話はありません。まずは打診的に様子をみながら、実際にやってみて上手くいくようであれば、規模を大きくしていく。ようは、積極的にリスクを取りに行く必要はありません。もし仮に、あなたが投資銀行やベンチャーキャピタルなどのファンド群であれば話は変わってきますが、個人であれば自分の予算に合ったスタイルを忘れないことが重要でしょう。

おおよその目安として

一方で、慎重になれというばかりでは結果は伴ってきません。ですから、おおよその目安としてまず何かを始める場合には1年間で貯めることができる金額からスタートすることでしょう。リスクが高く自分でコントロールできない案件であれば、なおさらその半分でもいいかもしれません。

今、流行っている暗号通貨やICOにしても私の場合、自分でリスク管理(流動性・情報管理)ができませんから、高収益を期待できる銘柄10個に絞って10個中1個でもシナリオ通りに動けば利益になるように投資計画します。例えば、100万円の予算があるならば、1銘柄10万円ずつ、1銘柄でも上手くいけば収支ゼロ、もしくはプラスの状態として考えれるのであれば程度で考えています。

投資で注意したいこと

投資において初心者の場合、多くの人がアップサイド(都合のいいこと)しか考えていません。またプロになればなるほどダウンサイド(都合のわるいこと)に向き合います。ここで重要なのは、上手く行くこともあれば、上手くいないこともある。 確率100%という理想は非現実的であるということです。であるならば、期待できる確率のもと、どちらに動いても有利な投資を心がけたいところです。

FXの取引をしたことない人へ

FXの場合、自分でリスク管理しますので損失額は各自設定できます。Zahhaの場合、シグナル配信をしている内容には1取引おおよそ0.5%前後の損失額をストップロスとして設定しています。仮に、10連敗しても証拠金の5%です。FX取引をしたことがない場合、または勝手に自分で取引をした場合など、最大損失はきちんとコントロールしないといけません。FXは管理を誤れば最大リスクは高い運用になってしまいます。

年収500万円のZahha運用術

1年間で貯蓄できる金額は、72万円です。キリのいい数字として、仮に100万円の予算を立てるとします。

私であれば、運用をスタートする前にこういう順番で検証していゆきます。

  1. まずデモ口座から始めてみる。
  2. 試用期間が終了して成績が良ければライブ口座で始めてみる。

利点は、上手くいくか実際にやってみないとわからないから、不明点の多いなか最初から自分の資本をリスクに晒したくない、仮に上手くいかなくてもシグナル配信を有料購読した数百円から数千円の損失で済む。

検証後、シグナル配信どおりに運用をスタートする場合

  1. ライブ口座に100万円を準備してスタート
  2. シグナル配信で100万円を200万円にする(1ヶ月目)
  3. 元金の100万円を引き出し、利益分のみで運用する
  4. シグナル配信で100万円を200万円にする(2ヶ月目)
  5. シグナル配信で200万円を400万円にする(3ヶ月目)
  6. シグナル配信で400万円を800万円にする(4ヶ月目)
  7. シグナル配信で800万円を1600万円にする(5ヶ月目)
  8. シグナル配信で1600万円を3200万円にする(6ヶ月目)
  9. 2200万円を引き出し、半年の利益を確定させる
  10. シグナル配信で1000万円を2000万円にする(7ヶ月目)
  11. シグナル配信で2000万円を4000万円にする(8ヶ月目)
  12. シグナル配信で4000万円を8000万円にする(9ヶ月目)
  13. シグナル配信で8000万円を16,000万円にする(10ヶ月目)
  14. 11,000万円を引き出し、半年の利益を確定させる
  15. 5000万円から再スタート、近い将来の目標は30,000万円とする

大切にしていること

重要なのは、定期的に利益を確定(利益を引き出す)させることです。トレードで継続的に収益をあげるコツとしてメンタル管理はとても重要です。私の場合、プレッシャーや恐怖感、不安感というものに決して強い訳ではありませんから、こういった要素を極力、排除することが必要になります。ようは、自分のアセットとキャッシュフローのバランスを忘れず取る。ここがアンバランスにならない工夫をしています。

また、1年に1回、もしくは数年に1回は自分のポートフォリオを見直すこともオススメします。やはり、全体からみたリスク資産への配分を最適化することが、こういったメンタル管理の基本と私は考えています。

Zahhaのシグナル配信は、できるだけ月100%のパフォーマンスを目標としていますが思い通りのパフォーマンスにならないこともあります。それでも、継続は力なりではありませんが時間をかけながら、できるだけ複利運用できるような資産を殖やしていくことが重要だと考えています。

稼ぐ手段を自分で作り上げることは簡単ではありませんが、こういった設計は誰でも工夫次第で取り組むことができますから。

前のページ

次のページ

デューカスコピー・ジャパン 口座開設デューカスコピー・ジャパン 口座開設?|?fx-on.com

ピックアップ記事

  1. 目指しているもの
  2. シグナル配信の利点
  3. FXがバツグンに稼げる理由
  4. 投資は1年で貯金できる金額から
  5. 始める前にひとこと

関連記事

  1. 年収別シュミレーレーション

    年収300万円のZahha運用術

    年収300万円の内訳と資産状況手取り額:242万円(年間)    …

  2. 年収別シュミレーレーション

    年収100万円のZahha運用術

    年収100万円の内訳と資産状況手取り額:100万円(年間)    …

  3. 年収別シュミレーレーション

    投資は1年で貯金できる金額から

    身の丈に合った投資を確認するまずは自分の年収や生活レベルに合った証…

  1. シグナル配信

    始める前にひとこと
  2. シグナル配信

    FXがバツグンに稼げる理由
  3. シグナル配信

    目指しているもの
  4. 年収別シュミレーレーション

    投資は1年で貯金できる金額から
  5. シグナル配信

    シグナル配信の利点
PAGE TOP